サービス・サポート

ONLINE MEDICAL TREATMENT
オンライン診療

画面の向こうに医師がいる安心感を
オンライン診療で

弊社では、オンライン診療を行っている医師と提携しています。
24時間365日看護師が在籍している弊社の体制と、オンライン診療の組み合わせはとても適しており、看護師が加わると「できること」が拡大します。
患者様は看護師が側にいる状況で、スマホやタブレットを使ったオンライン診療を受けることができます。医師は専門的な診療補助行為を看護師に指示することができるため、検査や治療行為を速やかに行えます。看護師が医師から直接指示を受けることで、患者様やその家族、介護職員にも確実に情報伝達でき、安心してケアしていけます。

モニタリング

疾患に合わせて治療に必要な項目を自分で管理して記録できる。医師は患者様の状態変化を継時的に捉えることができます。

オンライン問診

疾患ごとに設定される定型項目に沿って、医師が患者様の入力する主訴を漏れなく把握することができます。

オンライン診察

予約時刻を目安に医師が発信。患者様と離れていても、患者様の表情や状態を見て診察をすることができます。

オンライン診療 × 訪問看護

  • 医師が画面の向こう側にいる安心感
  • 看護師が加わることで出来ることが拡大
  • 看護師が医師の見解を直接聞ける
  • 情報共有することで診療ミスを防止
  • 医療機関の負担を軽減
  • 患者様は来院する必要がなくなる

WEARABLE DEVICE
ウェアラブルデバイス

人とウェアラブルデバイスで
見守り

ウェアラブルデバイスを活用することにより、訪問時以外の状態を把握することができます。
限られた訪問時間の中で有効なケアを提供することが可能になります。
またデバイスで得られるデータを蓄積していくことで、普段の状態を的確に把握することができ、
見守りや遠隔医療における経過観察などにも活用できます。

24時間連続バイタル測定
  • 脈拍・体表温度・歩数など
  • PC、スマホでリアルタイム確認
  • 医療・看護の現場で活用できる
脈拍異常アラート
  • 個人毎の上下設定値突破を
    アラーム発信
  • 本人が気づかない病態変化を検知
手動SOSアラート
  • 体調の急変をボタン1つで発信
  • 在宅でのナースコールとしても
    活用可能
脈拍未検知アラート
  • 一定時間脈拍が検知されない
    場合にアラーム発信
医療・看護従事者間の情報共有
  • 装着者のバイタルを
    確認しながら連携
  • 連続データで体調変化を可視化
高齢者に優しい安心・安全設計
  • 医療機器認証取得済み製品を利用
  • 皮膚にやさしい専用ベルト